日本で古くから愛されている、東洋の宝物!翡翠について!

日本で古くから愛されている、東洋の宝物!翡翠について!


みなさんは翡翠という天然石を知っていますか?
翡翠は、ジェダイトとも呼ばれ、日本で古くから大切にされ、縄文時代から勾玉(まがだま)などに加工されて、装飾品などとして人々から親しまれてきた事も分かっています。
翡翠と聞くと、鮮やかな緑色を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、他にもピンク色、紫色、白色、灰色など様々なカラーバリエーションがあります。
日本各地で翡翠は見つかっていましたが、現在は採れる量も減っています。
翡翠が採れる事で有名なのは、新潟県にある糸魚川という場所です。
そんな日本と繋がりのある翡翠について紹介させていただきます。それでは、翡翠について詳しく見ていきましょう。

翡翠の純粋な物は無色透明の物であり、有名な緑色の翡翠はクロムが含まれると出来ます。
翡翠の硬度は6とそこまで固くはないのですが、細かい結晶が絡み合って形成されている為、とても粘り強さがあり、硬度の割に割れずらくなっています。

翡翠の名前の由来は、鳥のカワセミとなります。カワセミの緑色の羽のように、とても綺麗な緑色の石を翡翠石と呼び、それが由来となったとされています。

翡翠には『硬玉(こうぎょく)』と『軟玉(なんぎょく)』の2種類の呼ばれ方がありますが、現在は翡翠というと硬玉を指します。(軟玉はネフライトを指しています)また、この硬玉の鉱物名は『ヒスイ輝石』と言います。
翡翠は、縄文時代から宝石として身に付けられたりしていました。
また中国でも、翡翠はとても価値がある石として人々から、とても好まれていました。首輪や腕輪等の装飾品、彫刻などにも翡翠が使われ、とても大切にされてきた事が伺えます。
他にも翡翠には、『仁、義、礼、智、勇』の五徳を高めてくれると言われており、人々からとても大切にされてきたとも伝えられております。
日本や中国以外の世界各国でも、翡翠を『魔法の石』と信じ崇めてきたとも言われております。
現在一番翡翠が採れる産地は、ミャンマーとなります。他には、中国、ロシア、カザフスタン、グアテマラ、アメリカ、メキシコでも産出されます。日本でも採れますが、採れる量はとても少なくなっています。

翡翠による効果について

翡翠は5月の誕生石となっています。
また翡翠の石言葉は、安定、長寿、知恵、平穏、飛躍、調和となっています。

翡翠には、「健康、長寿、金運」などの他にも、自分の理想や夢に近づく事が出来るように、サポートしてくれる力を持っています。持ち主が成長できるように働きかけてくれるので、頑張るべき事や進むべき道が定まった方に対し、自分の目標を実現でき成功するように応援してくれるでしょう。
また、この石には人としての成長や人生の成功の為に、持ち主に堅実さや忍耐力などを養うように促してくれます。

翡翠に適した浄化方法

水晶などのクラスターによる浄化
流水による浄化
日光浴による浄化
月光浴による浄化
セージ、お香による浄化

※なお、塩による浄化は向きませんので、気をつけて下さい。

翡翠は上記のように、あらゆる浄化が可能となりますので、とても扱いやすい天然石と言えます。

まとめ

いかがでしたか?翡翠は日本だけではなく、各国でとても大切にされてきました。翡翠には、持ち主を人として成長出来るように促し、人生で成功を収められるように応援してくれる素晴らしい天然石です。翡翠には何事にも動じない、どっしりとした雰囲気があり、安心感を感じる方も多いのではないでしょうか。色も様々あるので、自分の気に入った翡翠を見つけてみるのも面白いと思います。とても安定した雰囲気を持ち、安心感を与えてくれる翡翠を一度手に取り、あなたも翡翠の良さを実際に感じてみると良いでしょう。

この記事のライター